お酒を飲まなくても肝臓が悪くなる?

今日のお題は「肝臓」です。

まずは、肝臓という臓器についてお話します。

肝臓とは、人間の身体の中で最も重い臓器とされています。

摂取した栄養を分解・貯蔵する「代謝機能」のほか「胆汁生産機能」

有害物質を分解する「解毒機能」をもっています。

解毒というのが飲酒によって摂取したアルコールを分解することでよく知られていますよね。

また、再生能力が高く、手術などで切除しても徐々に再生します。

これは、西洋的考え方です。

一方、整体が捉えている整体の働きは、

腎臓と密接に係りながら、身体全体の調整を行う臓器として重視しています。

特に、解毒機能の重要度は高く、毒物だけでなく、薬を飲む

過剰なストレスに対しても解毒機能が働くと考えます。

つまり、臓器の中で一番疲れやすい。

ということは、臓器の異常も起きやすいとも考えられます。

肝臓に負担がかかると言われる飲酒。

これによって引き起こされるアルコール性肝炎は現代でどれだけの人がなっているのか

知っていますか?

アルコール性肝炎患者は、約250万人です!!

それを上回る肝炎も存在します。

それは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼ばれるものです。

これは約400万人の方がいます。

このNASHとは、生活習慣病からくるとされています。

「肥満」、「糖尿病」、「高血圧」など

これらの病気も日本が豊かになってから引き起こされています。

栄養をたくさんとることはとてもいいことだとされていますが、

あまりにも多くの栄養を摂取することは体にとって毒となります。

食べ過ぎよりも、足りないくらいがちょうどいいのです。

満腹という状態は体が動けなくもなります。

NASHの治療法は、やはりダイエットと同じように

食事制限、運動療法、などが考えられます。

最近食べ過ぎの人や一年間で10Kg増えた人。

そういう方は、注意をし運動や食事制限を行い生活習慣を改めましょう。

腰痛の原因

腰痛になる原因として、猫背があります。
猫背になると前屈みの姿勢になります。前屈みになったせいで背骨のアーチがなくなり上半身を腰だけで支えることになってしまうことで腰痛が引き起こされてしまいます。

猫背になる理由は、腕の部分疲労が原因です。肩が凝るということは腰にも凝りができやすくなるのです。
肩と腰は連動しています。

猫背は他にも悪い症状を引き起こすので、たかが猫背と思わず、姿勢改善をすることを心掛けましょう。
たとえば、体幹トレーニングをおこなったりヨガをするといいと思います。

便秘解消が人気

今日まで、どのようなお客さんが多かったか見てみたところ便秘解消で来られる方が多いようでした。

便秘は、便が腸に溜まっている状態なのですがそれだけではありません。
排出されない便は、強い毒素を発し、その毒素を再吸収してしまいます。

吸収された毒素は身体、全身へと巡り代表的なのは、肌荒れなどを引き起こします。

また、便秘という状態はストレスにもなり毒素を処理する肝臓はストレスをも処理しなければならなくなり余計に肝臓を苦しめます。

便秘の場合、整体では身体を愉気するのですが、それよりも効果的な腹部調律点を使い動かなくなった胃や腸が働ける状態に戻します。

便秘の方を何人も観ましたが、お腹の動く感じが凄く伝わってきます。

便秘で悩んでいる方が、便秘解消されて元気になってくれる事が最近は嬉しかったです。

冷え性の原因

整体で、冷え性の方をみる際には仙骨を見るのですが、それともうひとつ足首をみます。

整体では、足首は婦人科の急処とみています。

なので、女性の場合ですと足首を冷やさないように過ごしてもらうといいのですが、最近の女性は足首を出した格好が多いです。

足首を冷やしてしまうと、その冷えが腰を通じてお腹まで冷えてしまいます。
そうなると、その冷えが子宮をも冷やしてしまうのです。
子宮が冷えることで機能も低下し、骨盤内の流れも悪くしてしまいます。

また、低体温症の方の身体の冷えの原因としては、エアコンなどを使用することによって寒暖の差を感じることなく過ごせる環境が原因として、
汗をかかない生活がながく続き、体内の水分調整、体温調節を行う腎臓が働かなくなることで生命を維持するために最低限の力しか発揮できていない。

そのため体温が低いままの状態が続きます。

人間にとって熱は非常に必要なモノです。ホメオスタシスが低下することで至る所に弱り、冷えが発生してしまいます。

体温が下がったままの状態ですと、ガン細胞も活動しやすい環境と言えるでしょう。
体の冷えは、何らかのサインです。
見過ごす事なく整体で身体を整えましょう。

慢性疲労は

寝ても疲れが取れない人は、慢性疲労と言えます。1番の治療方法は、休むことですが、それもなかなか難しい方が多いと思います。

やはり、疲れが溜まっている人は背中が丸まり肩が落ちています。
そのような状態ですと胸郭が狭まり胸椎3、4番に負担がかかります。
胸椎3は肺、胸椎4は心臓と関連しています。
なので、心肺機能の低下を招いてしまうといえます。

肺と心臓の機能が低下することで、次は血流が悪くなる、胸椎3、4を弱らすことで汗の急処といわれる胸椎5番にも異常が出始め体内の老廃物が外に出せなくなり、次第に各部の機能不全が重なり慢性疲労として日々疲れた状態に陥ります。

慢性疲労というのは、身体の疲れがとれないのもそうなのですが、内臓が疲れの処理をできなくなっているとも言えます。

前屈みの姿勢や、腕の疲れ、ストレスがある方は整体体操というストレッチをすることをオススメします。

ご自宅でも簡単に出来るのが整体体操です。

1、仰向けになり体をまっすぐ伸ばす
このときに、腰にアーチを作る事を意識してください。

2、腕を伸ばしたまま、頭上へ
できない人は、腕を軽く広げて行うとやりやすいでしょう。

3、腕を指先方向へ伸ばしながら手の平を外側へかえしてください。
ての平を返すときは、肘から回すように意識してください。

4、腕を肩幅までせばめ、指先方向へ右腕、左腕、交互に伸ばしてください。

まだありますので、もう少し頑張ってください。

5、腕を外側へゆっくり開いてください。開いていくときに、引っかかる、またはしびれるような感覚がある場所で停止してまた、指先方向へ伸ばしてください。

この体勢を10秒キープしてゆっくり力を抜けばリラックスできるでしょう。

今回は、ひとつしか紹介できませんでしたが、また後日アップしようと思います。

蒸しタオルを上手く活用し、セルフケアをしましょう

整体では、体を温めることが自然治癒力が上がるとされています。
血管が拡張することで血流も良くなることも多いに関係があります。

当院では、蒸しタオル療法を行っていますが、是非ご自宅でもして頂けたらなとおもいます。

温かければいいだろうと、カイロを使うのはナンセンスです。
カイロは、長時間熱いままなので、血管や筋肉などの皮下組織が緊張した状態が続いてしまいかえってコリがでる場合もあります。

蒸しタオルは、最初は温かいのですが徐々に冷めていくのがいいのです。
その理由は、熱いときの緊張、冷めていくときの弛緩という血管、筋肉などの皮下組織を交互に刺激させるのが蒸しタオルの長所なのです。

気になる患部に4〜5分を3〜5回程度して頂くと効果が出ると思います。

低体温症の人の場合効果は高いでしょう。

蒸しタオルで改善される症状としては、頭痛、腰痛、肩こり、眼精疲労、不眠症、便秘などなどあります。

少し、手間はかかりますが健康のためにと思ってやってもらいたいとおもいます。

汗を余りかけない人には、足湯もお勧めします。

なにか気になる、聞きたい事があれば、問い合わせにメールをください。

骨盤矯正

整体のメニューにある、骨盤矯正とは骨盤を締めるということではありません。骨盤を構成する骨の歪みを矯正することになります。
(腸骨、坐骨、恥骨、仙骨、尾骨、腰椎5番を合わせて骨盤と呼びます。)

骨盤が上手く締まらない理由としては、骨盤がしまったままの状態を維持出来ないために起こります。

整体では、骨盤を締めるための体操があります。これを何回か続けてもらうだけで骨盤は締まるようになります。(個人差あり)
また、女性は妊娠をすると仙骨が出産に向けて仙椎化が起こります。
この仙椎化した状態は産後にしか矯正できないので、ちゃんと矯正が出来ていないとバラバラな状態で固まってしまい、腰痛の原因にもなる場合があります。
(仙骨は女性に起こる生理とも関係が深い場所)

現在、産後の方に向けて講演会を開こうと計画中です。日程などきまったらホームページで紹介するつもりです。
興味のある方は、是非参加してみてくださいね。

整体から見る悪阻

整体から見る悪阻が起こる理由としては、お母さんの体に溜まっていた毒素を吐き出すことで赤ちゃんが育ちやすい体内環境を作るために起こる排泄反射とされています。

また、悪阻が起こりやすい人としては、胃が悪い方に多いです。

悪阻はお母さんには悪いものであっても、赤ちゃんにとってはとても良いことなのです。毒素の溜まった血液よりも、キレイな血液の方が栄養満点です。
お母さんには大変苦しいことだと思いますが、新しく産まれる赤ちゃんのためにも悪阻を乗り切りましょう。

それと、出産のことなのですがよく陣痛を子宮の痛みと間違われる方がいますが、あれは骨盤が開く時の痛みです。男性にはないのですが、女性には出産時に恥骨も開きます。

整体は、出産においてあまりよくないとされているものがあります。
一つは分娩台での出産。
これは骨盤にすごく負担のかかった体勢です。かえって体を痛めます。
出産は妊婦の自由な体勢で産むのが本来の出産です。

二つは、内診。
これは、母体にも、赤ちゃんにも多大なストレスを与えてしまいます。
他にも、陣痛促進剤や吸引分娩…
促進剤に関しては、四人に一人の死亡率とされています。
吸引分娩なんて頭を吸い出すわけでして考えただけで…わかりますよね。

生命に礼を尽くすことを考えられた技法が整体です。なにが正しくて正しくないかは、本人が決めることなので、あまり言えませんが正しい選択をするためのヒントになれれば幸いです。

マッサージなどの揉み返しについて

マッサージを受けにいったり、友人に肩を揉んでもらったことがある人は時々、揉み返しというものを経験された方がいらっしゃるかと思います。

コリとはそもそも筋肉が硬直している状態にあります。このコリをもみほぐすことが筋肉を和らげる方法と一般的に認知されていますね。
筋肉は揉む事で一時的には緊張がほぐれて柔らかくなります。
この時に治ったような感覚になるのですが、人間の身体はある刺激を受けると次に同じような刺激を受けた場合、その刺激に対して抵抗力を示すようになります。
前よりももっと筋肉が硬直した状態、または、肩が凝った状態になるということです。

針治療でも同じような事が考えられるのですが、ベテランの鍼灸師の方は十分心得ているため、揉み返しがくる状態にはさせないよう努力しているそうです。

整体師は凝っている筋肉を揉んだりするようなことはしません。
コリの根本を捉えて適度な圧度を調整することで筋肉の硬直、コリを解消します。