便秘の方はチェック!気を付けてほしい3点

便秘は万病のもとにもなりうる

これは意外と知られているようで知られていないことなんです。

うんちが出ない状態の身体というのは、それだけで不健康。

不健康体を改善する方法は整体にはあります。

原因と改善はとなりあわせ?注意すべき3つ

タイトルにもある注意というか気をつけて頂くことで少なからず効果をあげるものを。

1:冷え対策…便秘の方で圧倒的に多いのがこの冷え。身体が冷えているとなにがいけないのか一緒に考えていきましょう。

体温が低いと身体の中の温度もそうとう低くなってしまっています。これにより、便を押し出す腸の働きが弱まり、いわゆる糞づまり状態に。

セルフケアとしては腹巻をしてもらっておなかを冷やさない事。冷える習慣や冷えないような服装を心がけることがいいと思います。

2:食べ物・・・便秘の時はこれを食べないといけないというものがありますね。

そう野菜です。食物繊維質をとることで便の量を増やすことは理に適っているのですが

野菜は身体を冷やす食べ物、便の量が増すだけでおなかは冷えてしまいます。

あまり気にせず、食べたくなかったらたべなくてもいいと思われます。

3:おならを我慢する・・・これは女性に多いように感じます。

聞いた話では、旦那さんの前では絶対したくないからいる間中は永遠我慢しつづけるという。

これも便秘の原因となります。

もうひとつ付け加えるなら運動不足ですね。

動くだけで身体が健康に働きかけてくれるなら動くべきなんです。

整体的便秘解消法

こちらの場合、腹部を使います。(服の上からで大丈夫です)

腹が冷えていたり動きが悪いところを探して、するだけ。

3点使ったり、2点使ったりします。

後は、体操ですね。これは運動にあたるしスポットに充ててしてもらうので

なおさら効果は高まると思います。

お腹がポコポコ動き出す感じは面白いですよ。

呼吸の隙間

放す技術
放す技術? また、整体ってよくわからないな。と思うでしょう。
一般的なイメージでは、コリ固まったところを押しているイメージでしょう。

しかしー、自分も学ぶまではそうでした。だから、押すのが上手いってのが上手な人であると。

たしかに整体は押すのは、押すんですがこれは放す為の言わば過程。

もっというと、呼吸を読みながらなんです。

息を吸ってー、吐いてー、また吸うに入るこの間が整体師の放す技術を使うとこです。

この呼吸の合間が…無防備なんです。

虚を突かれるというような。

呼吸が早い
腰が痛いとき、痛む方へ倒すと息は早くなります。
痛むし、息も早くなる。そちら側が異常のある側。

呼吸の間隙
呼吸というのを整体は重要に捉えています。息をするというのは生きている証拠。生命あるものをみるのであれば、呼吸を切り離しはしません。

主観
今の時代、色んな技術が進歩していっていますが、医療もすごいし、科学もすごい、あげたらきりがないくらい、自分の知らないところで進歩している。しかし、私が思うのは人間の身体は進化していないと思います。
技術は進歩しても人間の構造は変わってない。

サイボーグだかアンドロイドだかみたいに機械化していけばマッチングしていくかもしれませんが、今はまだ無理。いつか出来ると思いますが。

股関節体操 流れをよくしよう

寒くなってきましたね
朝晩肌寒いと感じる日が多くなってきましたね。手足の冷えにお気をつけください。

股関節体操
股関節は腰椎5番と深い関係です。

なので、動きをよくするのは当然体にとっていいでしょう。

股関節体操をすることで、リンパの流れをよくし、泌尿器系の問題にも使えます。

正座の状態から片方の足を伸ばし、重心を落としてふかーく伸ばしていきます。

しっかりと極まれば効果有り。

是非ともお試しください。

赤ちゃんが夜眠らない理由

赤ちゃんが欲しいのは安心感

赤ちゃんが夜寝ない→(親)はどうしたら寝てくれるのか分からない。

こういうのって少なからずあると思います。

ここに盲点があって、子供を寝かせつけることだけに集中してしまって注意を向ける視点が違うことです。

赤ちゃんは寝かせつけるということで自分を見てほしいわけではありません。

明日、仕事があるので、用事があるので、早起きしないといけないから早く寝てもらおう。

そういった、いわば親の都合での寝かせつけはかえって寝たくなくなります。

また、親の都合で育てるということは整体では自分の都合のことしか考えられない子に育つと考えています。

なので、そうした寝かせつけようとして寝かせつけられる赤ちゃんは親の都合だけに左右されて本当に欲しい欲求が満たされないのです。

「布団が冷たくて寝にくい、お母さんに抱きしめてもらいたい、安心感が欲しいという気持ち」

そういったものを気付いてあげれないでいることが赤ちゃんにとってのストレスとなり寝ない子になります。

気付いてあげること

子育ての中で一番重要度を占めるのではないかと。

気付いてあげられるか、気付かないままでいるか

ここに込められたものがいかに子へ影響するのか。

抱き癖になるから抱かないのか、それとも受け入れて抱くか

選択肢はいくつもありますが、それを選んでいくことが必要となります。

かのエジソンも天才といえども、育児には失敗しています。

それくらい人を育てていくというのは難しいことでありますが、

その分、楽しさもあるはずです。それは自分自身を育てていくことにもなるから。

一日を大事にし、一生懸命でいればいいと、つまずいたときは自分と向き合って悩めばいいと思います。

「親を見れば子がわかる、子を見れば親がわかる」

ということばがあるように、相反しない。

同一視して考えているということですよね。

そりゃあ、オギャーといったときから一緒にいる、世話をしてもらう、守ってもらうことをしてもらっている。

成長していくとともに自立もする。それをお互い見合っているのが親と子。

行儀が悪い親がいれば、子も行儀が悪い。当然指摘する人がいない訳ですからそのようになっていくのは確か。

子どもは思った以上に親を見ています。見られています。それをお手本にします。

だから、親になる立場になる人は改める機会が必要になるのかなと私も含めて思います。