整体

呼吸器を強くするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体では、今は呼吸器の時代と言われています。

つまり、呼吸器が弱っている人が多いということです。

呼吸器が弱くなる理由としては、一番には猛暑によるものが原因となります。

体温を超える温度というのはそれだけで強い刺激となります。

温度も湿度も高いサウナに入り続けているような状態になるため

体はそれに耐えようと身体を緊張させます。

これは猛暑でなければ必要のない緊張です、それをしないと恒常性を保てないために働くこととなってしまいます。

これが長く続いてしまうと、骨や筋肉に伝わり内臓にまで影響を与えてしまいます。

呼吸器が弱る理由としてはこれだけでなく、異常気象や環境汚染、ストレスなど多様になってきており

呼吸器が弱い人は余計に弱くなってしまいます。

呼吸というのは、酸素を体内にいれ二酸化炭素を吐き出すようになっていますよね。

呼吸がよわくなるということは、十分な酸素も取り入れれないし、不要なものを吐き出す力さえも弱くなってしまうということです。

つまり、内臓も同じように弱ってきてしまいます。

呼吸器が弱るとある部位が歪んできます。

その歪みから色々な場所へ、異常が起きるのも多いですね。

整体では、呼吸器活点という急処がありそれを操法することも手ですね。

それだけでも効果はあるのですが、人によってそこだけではダメな場合もありますし、以前から言わせてもらっているように

人によって身体の弱り方は違います。

それを見極めることが整体師の役割なのかなと思っております。

困ったことや聞きたいことがあればいつでもお問い合わせください。

相談料などもとっておりませんのでご安心ください。

(Visited 239 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 名無し より:

    呼吸器の弱る一番の原因が猛暑という事は、冷夏ならば大丈夫という事ですか?夏以外の季節であれば呼吸器の負担は夏以下ですか?
    体温を超える温度だと身体が緊張するという事は、赤道直下の国へ行けば身体は緊張してしまうのですか?サウジアラビアで2003年に体感温度80度と言われる記録がありますが、その場合は身体はどうなるのですか?
    教えてください。

    1. 海鼠 より:

      冷夏であってもあまりよくないとも言えます。湿度が高くなることでダニやカビが発生しやすくなり生活環境が悪くなります。
      また、冷夏であっても急激な気温の変化があると身体がついていけません。
      元々人間は高温多湿という環境には弱いため外気温が高くなる夏で、湿度が高い日本では、体温を下げるために発汗しても湿度が邪魔して体温を下げれなくなるので
      負担は極めて大きいと思います。人間の体温上昇には限界があり、熱に対して脳は敏感であるためです。
      赤道直下の国へ行った場合、その環境に適応するために緊張というのは必要なものだと思います。

      体感温度が80℃ということは、熱気がすごくてモワンとして呼吸しても暑そうですね。
      空気が十分に乾いている、且つ気温が体温よりも高い場合は汗をかいて体温調整をすることができますが
      そこに湿度が75%以上であると体温が下がらず脱水症状や熱中症になる率が高くなると思います。

      1. 名無し より:

        早速の回答有り難いのですが、夏以外の季節であれば呼吸器の負担は夏以下なのですか?への回答も欲しいです。

        湿度が高いと呼吸器に負担をかける事は分かりましたが、体感的に、乾燥よりも負担が大きいとは思えないです。
        湿度が高いと体温が下げれないというのは本当ですか?
        それなら日本人は夏になると秋や冬より体温が上がっているのですか?そんな話聞いた事がありません。何か根拠はあるのでしょうか?

        暑い国へ行った場合緊張は必要だそうですが、むしろ弛緩している気がします。グアムやハワイへ行くと気も弛むし、体も弛んでいるものだと思っていました。
        脳が熱に敏感でそれが夏は負担が大きい理由なのでしたら、暑い国の人は寒い地域の人よりも脳疾患を抱えたり、知能が低かったりするのでしょうか?
        何だかよく分かりません。改めて教えてください。

        1. 海鼠 より:

          湿度が高い環境では、汗が皮膚表面で蒸発しにくくなるからです。
          秋や冬は、体温と気温に温度差があり熱を放出しやすいですが、夏は熱を放出しにくくなるので
          秋や冬に比べたら体温が上がっている日もあると思います。

          なので、弱っている現代人にとっては夏は厳しいモノですし
          大気汚染の影響もあるので呼吸器には一層負担がかかると考えています。

          暑い国の人はそこの生活環境に対応できていることや暑さ対策の知恵があるから
          そのようなことが起きないための工夫はされていると私は思いました。

          質問の内容的にお詳しい人なのかと思うのですが、あなたはどう考えておられるのか
          教えて頂けると勉強になります。

コメントを残す

*