整体理論

筋肉の作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

筋肉には「収縮した後、弛緩するという作用がある」といった基本的なルールがあります。

収縮した後、弛緩しなければまた収縮することができないということです。

収縮は力を集める、弛緩は力を逃がすといえばわかりやすいでしょうか。

たとえば、ちからこぶをつくり、ずっと力むことはできないので弛緩する

また、ジャンプをしてもう一度飛ぶなら一度、弛緩されないとジャンプはできない

といった具合です。

このようなルールを利用して身体を調整することができます。

その1つに徒手抵抗ストレッチというものがあります。

主動筋と呼ばれる筋肉と、拮抗筋と呼ばれる筋肉を用いります。

主動筋は主に働く筋肉、拮抗筋はその反対でブレーキをかけてコントロールする筋肉。

徒手抵抗ストレッチというのは、拮抗筋に着目した方法です。

柔軟性があがらないという最大の理由はブレーキを効かせすぎていることから起こるとされます。

なのでブレーキをとくようなストレッチをすることで柔軟性をあげることができるということです。

誰にでもできるストレッチですが、筋力の強い人が向いています。

行うとしたら、中学生以上がいいでしょう。

このストレッチは工夫することで凍結肩にも応用することができます。

 

 

 

 

 

(Visited 49 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。