仙骨というところ

女性のみに起こる仙骨の「仙椎化」ご存知でしたでしょうか?

私も教えて頂くまで知りませんでした。

仙骨の部分は骨盤の中央に当たります。

20130129141501

腸骨の間に挟まれている骨が、仙骨とよばれる骨です。

(整体では、仙骨という骨を使ってある効果を出すことがありますがそれはまた後で。)

この仙骨が仙椎化し背骨のような状態がなければ出産には至りません。なので必要な過程となります。

骨盤矯正をするにあたり、この仙骨が「仙椎化→仙骨化」していっているかどうかをひとつの判断基準の材料として観ています。

なので、骨盤が開いたままの人というのは、仙骨化というものがされていないということです。

骨盤という土台の一部の仙骨が、仙骨化していないということは体の支えがなくなっているのと同じですし、支えがない分体への負担は大きいはずです。

仙骨は内臓の底にもなっていますので、それがないとなると内臓が下垂してきます。

また、仙骨がしっかり締まっていないと体に跡が残りやすくなります。

シミやシワ、セルライトなど体の表面にいらない跡がその一つです。

最初の方で述べさせていただいた、仙骨を使うことで効果をあげるモノはこれらも含まれますが

ヤケドの跡、ケロイド状のケガの跡にも効果があるとされています。

妊娠でおなかが大きくなることでできる妊娠線にも効果がみられるようですが、こちらは頑固のようですが20代前半であれば

キレイに消えるようです。

今回は仙骨について述べさせていただきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です