整体理論

背骨を読む理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この業界に入るまでは背骨の重要性というのは考えたことがありませんでした。

ケガや痛みなども腰が多かったし、運動において腰が強くあることの必要性のが高いと感じていました。

しかし、人間というのは自律して活動しているからには必要ないところはないはずなのですが

果たして背骨というのはどんな役割を持っているのか・・・。

整体では、まずはじめに体の全体の様子を見ていきます。

その確認のポイントとなるのが背骨であり、脊椎となります。

脊椎の中には、脳から脊髄が通っており、ここから体へと色々な神経が張り巡らされています。

身体の不調や異常というのは、内臓の不調が原因であると整体は考えているので

骨の歪みなどが起こるのも自身の体が自己調整するために起こるとされます。

例えば、食べ過ぎによって寝違えが起こるのも食べ過ぎを抑えるための自己調整となります。

ここでの背骨の役割というのは、自分に起きた不調や異常は一つ一つの背骨がなんらかのサインを出している

ということに始まって、それを調整するために痛みや不快感が生じている。

なので、みな一緒の背骨と思っていましたが、人それぞれ様子に違いがあります。

 

 

(Visited 103 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。