学問

細菌は害じゃない?腸内細菌による体への影響 (ノート)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つい先日、マイクロバイオータについての話を聞いて感じたことがありました。
昨今では、無くしたり、補ったりというのが当たり前になってきているようになってきた。
それが悪いこととは言い切れないけれども、行き過ぎていると考えることもできないだろうかというのが
素朴な疑問として挙がりました。
人の本来備わっている力で生活すること、これは皆さんの目標ではないのでしょうか?
失ったモノや時間は取り戻すことはできませんが、改善できる方法はあるはず・・・。
≪腸と脳との関係性≫
・腸は第二の脳であるということ。(第一の脳という説も)
・脳と腸をつなぐホルモンによる神経伝達(=脳腸軸)が行われている。つまり、腸と脳は深い関係性がある

・腸内細菌がセロトニンのバランスを調整している。
マイクロバイオータとは
・腸内細菌群のこと。
マイクロバイオームとは
人の遺伝子を補う腸内細菌の遺伝子群のこと。ヒト遺伝子と比べたら100倍の量があり人間というのは
細菌達によって生かされているのではということも言われています。
≪マイクロバイオータは、体にどのような影響を与えているのか?≫
~猫を恐がらないネズミ~
ネコの体内にいる原生生物トキソプラズマ・ゴンディイが、ネコの糞を経由してネズミに感染
感染したネズミは、脳内からドーパミンが多量に出され、ネコの気配や、足音を聞いても恐れず、逃げ出さなくなるということが起こった。
つまり、ネコの体内にいた細菌が違う個体に行くと、行動や能力に変化が現れるという事。
~無菌は弱い?汚いことは必要~
無菌マウスとそうではないマウスを実験した結果、痛みや不安というものが強く現れるということがわかった。
しかし、便移植(腸内細菌)をすることでそれらの症状が改善されたという。
これは、腸内細菌によって性格、または精神面に何らかの影響を与えたと考えられる。
また、血液型というのは腸内細菌の差異に由来するということも言われいるので
腸内細菌の特性ががもっと分かれば、性格も詳細にわかるようになるかもしれないし、
将来、心の問題への治療として使われる日がくるかもしれない。
≪母乳育児がなぜいいのか?(自然が)≫
・母乳に含まれるヒトミルクオリゴ糖は人工合成できない。
・母から子へマイクロバイオータが渡ることで多様性が生まれる。
・経膣分娩による母親由来のマイクロバイオータ(肛門と膣)
≪マイクロバイオータの天敵 抗生物質≫
抗生物質は、今まで「よいしょ、よいしょ」と集めてきた良い菌も悪い菌と同じように殺してしまう。
1、悪玉菌は本当は弱い菌であること。(毒素を作り出すために遺伝子情報を使いすぎている)
2、腸内環境が悪い時にしか発症しないということ。
※病気にかかりにくくするためには、腸内細菌が豊富な状態であるということ。
≪健康を手に入れるためのマイクロバイオータ≫
・食生活(オリゴ糖・食物繊維)を取り入れる 人間の栄養にはならないが、マイクロバイオータの栄養となる
☆発酵食品なら何でもOK
・いろんな種類の食べ物を食べる(多様な腸内細菌を取りに入れるため)
・適度な運動 体幹トレなど
・ガーデニングやペットと触れ合う。(微生物が手に入る)
・キスやセックスも有効 (体液の交換)
・社会ネットワーク
≪マイクロバイオータの餌となるものはなにか?≫
人の栄養にはならないが、腸内細菌の栄養となるものは「オリゴ糖、食物繊維」。
腸が荒れる状態になるのは、腸内細菌が飢餓状態になりそこらにある腸壁を食べちゃうせいだといわれる。
以上バーっと述べてきました。
人の生活というのは細菌達と共生していることを忘れてはいけない。
そういう面で、整体の創始者は昔から綺麗すぎることはいけないことだといっていた。
特に子育てにおいて強く唱えていた。
整体では、風邪は「熱」を出させて経過させるというのが主流であるが、ここにも薬を多用することでの
弊害を考慮もしている。当時、腸内細菌の活躍を知っていたのか?というくらい無駄のない先見の明。
(Visited 1 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*