整体理論

整体から見た骨盤を観ることについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

骨盤矯正

骨盤は、なじみのない方からすれば「1つの骨」と思いがちですが実は複数の骨から構成されているのです。

「骨盤矯正」をする場合は、それら複数の骨の状態を観察することが重要で、骨盤を一括りに考えていると失敗するパターンもあるでしょう。

骨盤は、腸骨、恥骨、坐骨、仙骨、尾骨、(腰椎5番)で構成されており、人体の仕組みとして「体の土台」を担う場所ということもあって整体的観点からも役割は極めて重要な部分です。

その1つの例として、「妊娠や出産」でしょう。

妊娠前や産後についても整体独自の観点があります。

骨盤の機能的な面で男女差を言うのであれば圧倒的に「女性」の方が重要視されます。

 

仙骨の重要性

巷で「骨盤矯正」は、定番メニューとなっておりますが、よく目にすることが痩せる、産後腰痛や姿勢不良などですが、それらは「産後」じゃなくても矯正しようと思えばできる。

産後に重要視しなくてはいけないの場処というのは「仙骨」。

普段は、仙椎5つが癒合し半関節をなしている。が妊娠を契機に出産へ向けて仙椎が動きやすい状態になるといわれている。(=仙椎化)

この現象は、妊娠、出産の時にだけ顕れるので仙椎化したものを元に戻すのはこの時期しかありません。

 

セルフケア:

骨盤は「開きすぎず、締めすぎず」、丁度いい場所で調整されることが大切。

締めるのも、開くのも自分の力によって行われていることを忘れてはいけない。

体幹部を鍛えることがブームになったのも、それが理由の1つでもあるでしょう。

一人で行うには寝転がってある動作をすることで「自己調整」される。

ここの部分に「効かせる」ということを意識しながら行うのがベスト。

また、効かせることで体のサビもとれ、動きやすい体を手に入れるということも可能かと。

(Visited 67 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。