整体理論

整体的な乳腺炎の捉え方!原因は〇〇!?と2つのセルフケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乳腺炎になる理由は、

  • ストレス
  • 腕の使いすぎ
  • 刺激(水・光・風呂など)
  • 床上げ失敗
  • 食べ過ぎ

などが考えられます。

この理由からも、お母さんは産後すぐは無理をしないほうがいいということ。

新生児の生活環境でも胎内環境に近い状態で観ることが望ましいとしていることからも

適応するまでの期間を設けることは必要ということです。

乳腺炎になってしまうと、お乳がカチンカチンになって触るだけでも痛い。

出ないお乳は発酵腐敗してしまい、あげるのも辛いし、赤ちゃんも美味しくないから飲みたがらなくなる。

お乳の正しい与え方

母乳を与えるタイミングは、お乳が張ってきたときがちょうど赤ちゃんもお腹が空いてきたとき。

時間を決めてあげるよりも、体の働きに沿った方がお母さんも楽なはず。

(大人も同じで、お腹が空いたときに食べる方が食べ過ぎにならない)

母乳の与え方は、外側から抱えて、斜め下から内側へ、小指から親指へ少しずつ絞るようにすると飲ませやすい。オススメです。

余ったお乳

お乳は「明日のお乳で育てよ」と言われています。

その理由は、赤ちゃんに与える母乳は新鮮な物がいいから。

乳腺炎になるのは、お乳を残してしまうことも原因の1つ。

母乳はまた作られるのでなるべく残ったお乳は搾乳してお乳を空にしてあげましょう。

良い母乳を与えることは、その後の子供の健康状態にもつながります。

お母さんの母乳は、人工的に作れない成分が入っています。(ヒトミルクオリゴ糖)

母乳育児によって得られるマイクロバイオータ。

また、出産はデトックスといいますが、母乳にもそのデトックス効果があるという説がでています。

なので、妊娠前や産後は生活を見直すことも大事に思えます。

 

乳腺炎になる前にケアすることが大事

乳腺炎になる前に、してほしいこことが2つ。

  1. おっぱいに蒸しタオル
  2. リンパ体操

手順もこの順番で行ってもらうのが理想です。

蒸しタオルも濡れたタオルを電子レンジでチンするだけでいいです。

乗せる際は、「アチッアチッ」とならないくらいのタオルを乗せるといいと思います。

リンパ体操は

  1. 膝立ち
  2. 手を組んで頭の上へ伸びをする
  3. 脇腹を伸ばすことを意識して体を倒しすぎないようにすることが理想 倒す時間は10秒くらい

まとめ

核家族のご家庭は今じゃふつうですが、子育てに孤立してしまうケースもある。

しかし、今はネットが普及しておかげで情報は得られる。けれども、人と関われないというのもストレスになる。

出産時にはオキシトシンが大量に分泌され、出産を促し、授乳の際にもオキシトシンがでる。

このオキシトシンは、人と一緒にいたくなるようにさせるホルモンでもある。

ママ友というのも日本独自の文化の様で、海外には見られない。

話が脱線しましたが、お乳のことをまとめました。

 

 

 

(Visited 34 times, 2 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。