科学

子供の卵アレルギーは、「避ける」ではなく「与える」が鍵!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

[結論]生後半年から卵を微量に摂取した乳児のアレルギー発症率が8割下がったという結果になった。

 

 

国立成育医療研究センターなどの研究内容は、

生後4か月までにアトピー性皮膚炎を発症し、食べ物アレルギーを起こしやすい乳児が対象。

生後6か月から1歳までの期間で、卵を与えるグループとカボチャを与えるグループ

2グループに分けて行った。

 

Aグループ(60人) 生後6か月の乳児に固ゆで卵の粉末50mgを毎日摂取。

(9か月目以降は250mgに増やした。)

 

Bグループ(61人) 生後6か月の乳児にカボチャの粉末を毎日摂取。

 

驚くべき結果として、1歳時点でアレルギーを発症したのがA(卵のグループ)で8%、B(カボチャのグループ)で38%ということになった。

 

以前までの認識としては、アレルギーの原因となる食べ物については「避ける」ことが当たり前になっていたが、この研究によってその見解が正しいとも言えなくなった。

アレルギーの発症率が下がるという結果について専門家は、少量ずつ与えたことで体が慣れ、免疫の反応を抑えられたと考えている。

一般家庭が行う場合は専門家に相談、しっかり加熱することが大事。

 



整体

整体では、昔から動物性たんぱく質で育てるのが正しいとされている。

なぜかといえば、栄養が凝縮されているし吸収もいいからだ。

野菜などは消化するのに時間がかかる。

牛と大人の人間の消化能力は違うと思うし、それを乳児に当てはめてもいけない。

野口整体の乳児における補食は、1か月半~3か月からスタートされると考えられているが

それは、大人からみた杓子ではなく、子供の発育を読み取ることでその段階であるかどうかを判断する。

首がしっかりしてきているかどうかが判断基準となる。

子供が何かを見ようとしたときに、首を動かすだけでなく体も一緒についてくるときは

補食はまだだ。

それと、子供の健康状態は首で判断、栄養状態は左の太股なのですが

左内股が弾力があるうちは、まだ補食を考えなくてもよく、弾力がおちてきていれば補食を考えてもいい。(首がしっかりしているのであれば)

この首を強調しているのも、しっかりしていないと物を詰まらせてしまうことがあるということも考えられるからだ。

母乳以外に興味を持たせるという意味でも、栄養を充実させるという意味でもよしとされる補食。

 

大人の基準でしか考えられない人ではこのやり方は難しいと思うので1か月~3か月からの食べ物を与える行為についてはやらない方がいいと思う。

与える量、何を与えるか、与える頻度などが適切ではなくなるはず。

 

子供の13か月というのは、後付けはできないと。 

生まれ、育って、人生を歩んでいく中で一番詰め込まれなければ乳幼児期。

そして、機会もその1つ。

この国立成育医療研究センターさんの研究によって実証されたともいえる。

 

あなたの体はあなたの食べた物が作る。という言葉をどこかで聞いたが

まさにその通りなのだと思いました。

こういった、乳幼児期の環境によってその人自身の人生を左右するともいえるんですよね。

うらを返せば、この時期を大切に過ごせばよりよい健康を手に入れられるのだと思うと

妄想が膨らむみます。

病気は病院で治してくれるかもしれませんが、「健康でいること」は自分でするしかない。

答え合わせをしていくのは楽しい。

 

(Visited 56 times, 2 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。