日記

【日記】お母さん、お父さんになる前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本を読みたいけど終わるまで読む集中力は今はないなと思っている中、ふと手に取った本がありました。

題名「わたしがあなたをえらびました」著者:鮫島浩二 絵:植野ゆかり

世間では漫画の「コウノドリブーム?」のようですが、昔と比べて妊娠や出産といった命の誕生の問題について焦点があてられることが多くなっているようですね。僕は「産む」という機会がないので、女性の心、体の問題というものをその人の身になって考えることは難しい。赤ちゃんを迎え入れる気持ちが出てくる人もいれば、人には言えない事情を抱えて後ろめたい気持ちがあったり、自分の体の変化に不安を覚える人もいたりと色々と妊娠・出産には女性それぞれ葛藤があるように感じています。

この本の著者、鮫島浩二さんは中国の気功法を応用し「イメージ」と「腹式呼吸」を使った赤ちゃんに気持ちを込めて出産する「リーブ法」を開発された方。その開発に携わったときに、インスピレーションが湧き、お母さんが赤ちゃんをもっと実感してもらうために色々試行錯誤していたら、インスピレーションが湧き「私があなたを選びました」という言葉が浮かんだそうです。産婦人科医として働く中、お母さんたちを身近に見ていると様々なことが起きる。そういった、「生命と向き合う現場」から伝えたいことがあると、想いが溢れた本のようです。

興味を持たれましたら読んで見てください。

 

(Visited 10 times, 1 visits today)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。