記事一覧

子供が食べ物をのどに詰まらせたら…

食べ物を咽喉や気管支に詰まらせる気道異物事故。時として命を奪うケースもあるため、親は子供から目が離せない。死亡事故に繋がった食べ物は、マシュマロ、ゼリー、団子、アーモンドなど。 これらを与える場合は、注意をすることも大事だし、アーモンドといった豆類は歯が生えそろってからのがいいそうだ。

また、気管支に詰まると取り除くには全身麻酔が必要になる。異物がのどに詰まり窒息した場合は、5分以内に取り除かなければ死亡してしまう危険性が高く、対処法としては一歳未満であれば頭をしたにして背中を叩き仰向けにして胸の中央を押すことを繰り返すといいそうだ。

一歳以上の場合は背後から両手を組んで腹部を圧迫して異物を吐き出させる。

整体法にも咽喉に食べ物がつかえたときに、首の骨、頸椎6番を手刀でトントンと叩くといいとしている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です