記事一覧

映画『リメンバー・ミー』感想 個人的に感動!! ネタバレあるかも。

内容は『アナ雪の短編+リメンバーミー』の二本立てでした。

どちらも面白くてディズニー映画をまた好きになりました。

とくにリメンバーミーの内容は自分にはとてもハマる内容でした。

「家族をとるか、夢をとるか」から始まり結末までも目が離せない内容でした。

 

アナ雪の方はというと、「鍵」となる存在が「オラフ」。

「家族の伝統」ということがポイントでそれを軸に物語が進んでいくような感じでした。

家族で観たり、恋人と見たら盛り上がる内容だなと感じました。

「誰とどう過ごす」ことの大切さを教えてくれた映画だと思います。

 

リメンバーミー

映画の内容を知らず、CMで見たイメージで見に行ったのでイイ意味で期待を外してくれました。

中でも主人公のミゲルくんの声を担当している方の歌声がとてもよかった。

聞いていて心地よく、映画が終わっても「リメンバーミー」の歌が頭に残りました。

家の決まりで「音楽をすることは禁止」となっているが、それにはある理由が・・・。

「音楽をしたいと強く思うミゲル」と「それを頑なに許さない家族。」

1つは自分のやりたいことがしたい。1つは、家族を思うがゆえに・・。

 

ここらへんは、自分に置き換えても感じる人がいるんじゃないかなと思いました。

ミゲルのように生きたい人もいれば、守るものの為に生きるという生き方。

 

また、すれ違いによって相手の本心を考えられなかったり、愛しさが強すぎるあまり憎さも同じように強くなってしまう。

失いたくない存在だったからとか・・・。

 

この映画は、メキシコの慣習が元ネタらしくハロウィンくらいの時期にマリゴールドを外に飾ったりすると死者が遊びに来るとかいったものを元ネタにしているそうですが、世界知らない自分はそういった国々からの慣習をネタにアニメを作ることができるんだなーと刺激がありました。

 

物語全部みて、ある二人の関係性が「あ!佐村河内さんと新垣さん!」と考えてしまった。

(見た目的でだけど)

自分の成功だけに囚われて他人を蹴落とすという悪い部分が眼についた。

伝説的な歌も実は・・・。

後半で伏線がいろいろ回収されていくのは、すごくスッキリして観ていて飽きない内容でした。

 

自分がこのリメンバーミーに思い入れを感じる部分は、愛したこと、愛情を注いでいたこと、離れていても思い続けていたこと、それが嘘偽りのない物であれば絶対に心に残り続けるのだなと。

自分の好きなシーンは、ココと〇〇〇〇が歌いあうシーンでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です