勉強法

勉強をしたくなるにはドーパミンをいっぱい出せ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

勉強法

参考にさせて頂いた著書は「脳を活かす勉強法 茂木健一郎」さんの本です。

「これいいなぁ」と思ったものをピックアップ。

 

人間の脳の中は「ある行動をとったあと、脳の中で、“報酬”を表す物質が放出されると強化する」という性質を持っているのです。

つまり、報酬を得て喜びを実感できた行動を再現し、繰り返したくなる。

結果、その行動に熟練していくというわけです。

そのカギを握っているのは「ドーパミン」という物質です。

報酬とは、達成感などといった喜びのこと。

 

 

脳を活かす勉強法 強化学習

 

人間は、困難なことが出来たとき喜びや快感が生まれ、その元となるものが脳の中でドーパミンという物質が分泌される。

このドーパミンの分泌が多ければ多いほど快感や喜びが大きく感じるようにできている。

勉強=学習というのは、「出来た、やったー」というコトを繰り返していくことで次第に上手くなっていきそれが身についていく。

つまり、学習というのは頭、脳の中では神経細胞がつなぎかわり、新しいシナプス(神経回路網)が生まれていくことが起きている。

 

人間は何かを学びたい意欲はもともと持ってはいるんだけど、自分が喜んでいる瞬間、出来たという達成感が少なかったモノに対してはドーパミンの分泌が少ない。

だから、苦手意識が生まれて、数学が苦手、英語が苦手といったマイナスの意識に捉われて不得意であると決めつけてその物事に対して毛嫌いをしてしまう。

 

こういった現象も実は、ドーパミンの分泌不足によるものらしいので

その回路を育てていくつもりで勉強に取り組んでいくのがいいそうだ。

 

そしてそのカギとなるのが、「自発性」。

 

 

叱られ、強制されてやらされるのはモチベーションは著しく下がる。

自分がやる場合でもそうだし、子どもに勉強をさせたい場合でも

やりたいと思う、楽しいと思って取り組むことが学習するうえで大事。

それをしたことで自分に何が得られるのか確認する、出来たことを褒めてあげる。

そういった自発性のコントロールが勉強には必要なようだ。

 

ステュディオス状態になること

人間がある状況において、生き生きと熱中している幸せな状態のことを指すようで

 

つまり、これが好き、これをやっているときが楽しいと思う状態をもつことが大事。

 

それを持たずにいると、好きなことがわからなかったり、夢中になれるものが見つからない。

 

そうなると物や、人からどう見られているかにこだわるようになってしまうので

 

我を忘れるくらい没入できる物を持っておくといい。

 

 

脳が記憶を定着させる仕組み

記憶には、すぐに消えてしまう短期記憶と、忘れないようと思ってもいつまでも頭の中に残っている長期記憶の二種類があります。

 

 

最終的に記憶が収納されるのは、大脳皮質の側頭葉です。その際には、「長期記憶」という安定したかたちで保存されます。

 

 

ここで、勉強したことを長期記憶として保存する際には、「海馬」が重要な役割を果たします。

 

 

この海馬の働きがなければ、その情報が長期記憶として蓄えられることはない。

 

また、感情にかかわる脳の働きの中枢である、「扁桃核」は、近くにある海馬の活動に影響を与えます。

さまざまなモダリティから働きかけると、扁桃核と同時に海馬をも活性化させ、記憶が定着しやすくなります。

 

そして、海馬に記憶されているもののうち、何度も反復して脳にアクセスされたものは、「重要である」と判断され、側頭葉に送られて、長期記憶に定着する。

引用:脳を活かす勉強法 茂木健一郎

記憶する方法は視覚だけを使う方法だけだと思い込んでいましたが、そうではなくて五感を使うとより記憶の定着がしやすくなる。それは、海馬と扁桃核が近くにあるという連動性。

 

五感を使った場合の勉強法、視覚、聴覚はこれできそうだなと思い浮かびますが、

 

味覚や嗅覚、触覚というのはどうすればいいんでしょうか?科学的に認められた方法があれば知りたい。

 

 

睡眠時間は必要

一夜漬けは脳科学的にはNG。創造的な仕事は朝がオススメ。

その理由は、眠っているときがその日にあった記憶が整理・蓄積されているから。

レム睡眠は身体は眠っていても脳は活発に働いているため、記憶の整理には必要不可欠。

 

朝に活動的にされる方が多いというのは、眠ることでその前日の記憶が整理された状態

 

頭のコンディションがよくなり、脳もクリアな状態だからアイディアを練るにはうってつけなんですね。

 

数学の勉強も朝した方がいいとか聞きますし。

 

苦手科目はモニタリング

何が原因でわからないのか、この問題のどこがわからないのか。

こういった自分がわからないことの正体を掴めるようになると苦手科目も取り組みやすくなる。

ミス、間違い、失敗。といったものには蓋をしたくなるものだけど

自分の弱点や欠点を探る唯一の手段。

 

それを見もせず蓋をしてしまうのは誠にもったいないこと。

自分の弱点を振り返る作業は苦痛が伴うが、改善策や戦略を立てることに繋がる。

 

すごい、グサリときます。

 

いわゆる、嫌なことは逃げようという逃げ癖が付きやすい。

 

ですが、失敗を見直す、どこでミスしたのかを考える。

 

失敗を直さずそのままでいるリスクと失敗を改善して起こるリスク

 

これらを考えて即座に取り掛かることがすべての学習において大切なのですね。

 

まとめ

勉強というのは、苦手だと思ってしまうと中々取り掛かるのもおっくうになってしまう。

 

その状態から抜け出すには、一日10単語、一日1ページといった少しずつ自分が成果をあげていること

 

分からない部分があっても愚直にやってみること。

 

筋トレも最初はできないけど、愚直に毎日やればできるようになる。

 

勉強も同じで、楽しさは後から感じるものだと思って取り掛かる。

 

そうすることで、気づいたらドーパミンが分泌されて、この喜びを感じたいと思うようになり

 

勉強をする楽しさも覚えていくのだと。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。