健康

【ホットヨガ】の効果は科学的に見たら奥が深かった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ホットヨガ

ヨガの全貌はまだまだしらないことばかりだけど、身体に悪いことはしたくないよねー。

という考えなのでパッと目に入ったので勉強してみました。

 

ホットヨガをしなくても健康にはなれる

ホットヨガには特有の健康効果が見られるといわれており、その1つが心臓の健康増進だ。

 

しかし、「エクスペリメンタル・フィジオロジー」で発表された研究結果によると

 

心臓によい影響を与えているのは、「室温の高さ」ではないことが判った。

 

米テキサス州立大学の研究調査で運動不足ではあるが、健康な40~60歳の被験者52人を募集。

 

参加者を3グループにわけた。

参加者たちには、実験の開始前と終了後に血管機能、身体組成、コレステロール値などを測定し健康状態を確認した。

グループの分け方としては、

グループ1:毎週3回、摂氏40度ほどの室内で90分間のホットヨガのクラスを受ける(26種類のポーズ、2つの呼吸法を行うことを2度繰り返す)

 

グループ2:常温の室内で、26種類のポーズと2つの呼吸法を2度繰り返す。

 

グループ3:生活習慣を変えずに過ごしてもらう。

 

この3グループを12週間にわたって調査した。

実験の結果は、ヨガを行った2グループは心臓の健康状態に大幅な改善が見られた。

つまり、「高い室温+ヨガ」という組み合わせが心臓の状態をよくした。

というわけではなく、「ヨガ」そのものが健康を向上させる運動として効果的だということのようだ。

 

また、調査によって得たものはこれ以外にもあり、ヨガを行ったグループは室温に関係なく

 

内皮依存性血管拡張(血流量増加による血管の拡張反応)に大幅な改善がみられた。

 

ヨガの26のポーズと2つの呼吸法は血管機能の改善をもたらす。

 

ホットヨガは体にいいのか、悪いのか

まず、デトックス効果については科学的根拠が乏しいといわれており

 

そもそも、解毒や浄化するのは、腎臓や肝臓の機能であるため多量の汗をかいて排泄されるとは考えにくいとしている。

 

しかし、たくさん汗をかきたいと思う人もいるはずなので、するかしないかは個人の問題となる。

 

痩せるかどうかについては、先ほどの研究によってホットヨガのグループは常温のヨガグループ以上の体脂肪率の減少したという報告もあり、雀の涙程度だが総コレステロール値とLDLコレステロール値が若干改善された。

 

熱が代謝機能に何らかの影響を与えいてる可能性があるとしているが、

室温の高い部屋で湿度も高い状態では、呼吸器や腎臓に大きな負担がかかるのではないかと

整体学的観点から見ている人もいる。美容という意味でも酵素が壊れて肌がボロボロに・・・。

 

まとめ

・室温関係なく「ヨガ」は健康に良い影響をもたらす。

・デトックス効果は科学的根拠はない。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

follow us in feedly

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。