肌トラブル 皮膚は呼吸するモノ

毎日見る自分を見て、こんなところにあった?

と気付いたときに起こっている吹き出物。

食事なども気を付けているのになぁと吹き出物に愚痴をもらす。

髪とお肌は女の命というように毎日保っていかなくてはならない。

そうするにはどうすればいいのか、を整体の考えでご紹介できればと思います。

肌トラブルの原因

まずは、肌トラブルについて、

原因ってなにがありますかね?

胸に手を当てて自分に聞いみたらこれかな?ってのが思いつくものがあるかもしれません。

ですが、気にならないことが実は肌トラブルに関係していたということもある場合もあります。

人によって起き方が違うのはこういったことがあるからなのでしょう。

数ある中からある原因は、食生活や睡眠不足などが代表的でしょう。

後は、運動不足だったり、化粧もそのトラブルの元となる場合もあります。

整体から見た肌トラブル解消法

端的に言いますと、外からというよりも内から。

内の環境が良くなれば自然と外の環境も良くなる。

なので、整体では身体のあるところが肌に関する場所があるのでそちらを用います。

また、そこを使う理由として   肌は呼吸器と関連 があります。

呼吸器というのは、人間に必要な酸素を取り入れる場所ですが

なぜ、肌と関係があるのか?

遠い関係のように思いますが、肌も呼吸をしているからです。

皮膚呼吸をしていると。

なので、呼吸器に弱りがある人というのは肌トラブルも抱えやすいという図式に。

以上のことを踏まえると、調整する場所は呼吸器系統に関わる椎骨などになる訳です。

胸椎3番だったり、5番…など

これを調整するときのコツとしては、指で少しゆするようにすること。

ハンマーとかで思いっきりバーンとやったらケガしちゃいますからね。

身体に無理なくするのが整体。

これに合わせて恥骨体操というものも取り入れると肌トラブルへの効果はてきめんと言われています。

恥骨体操はおひとりでもできますし、補助してもらってもできます。

(恥骨と書いてますが、直接触るわけではないのでご安心を)

今回は、肌トラブルについて書きました。

この記事を書いて思ったことは、人それぞれ悩む部分は違うし、悩みの乗り越え方も違う。

でも、自分に自信を持てたときはきっと元気になるはずだと。

 

呼吸器を強くするには

整体では、今は呼吸器の時代と言われています。

つまり、呼吸器が弱っている人が多いということです。

呼吸器が弱くなる理由としては、一番には猛暑によるものが原因となります。

体温を超える温度というのはそれだけで強い刺激となります。

温度も湿度も高いサウナに入り続けているような状態になるため

体はそれに耐えようと身体を緊張させます。

これは猛暑でなければ必要のない緊張です、それをしないと恒常性を保てないために働くこととなってしまいます。

これが長く続いてしまうと、骨や筋肉に伝わり内臓にまで影響を与えてしまいます。

呼吸器が弱る理由としてはこれだけでなく、異常気象や環境汚染、ストレスなど多様になってきており

呼吸器が弱い人は余計に弱くなってしまいます。

呼吸というのは、酸素を体内にいれ二酸化炭素を吐き出すようになっていますよね。

呼吸がよわくなるということは、十分な酸素も取り入れれないし、不要なものを吐き出す力さえも弱くなってしまうということです。

つまり、内臓も同じように弱ってきてしまいます。

呼吸器が弱るとある部位が歪んできます。

その歪みから色々な場所へ、異常が起きるのも多いですね。

整体では、呼吸器活点という急処がありそれを操法することも手ですね。

それだけでも効果はあるのですが、人によってそこだけではダメな場合もありますし、以前から言わせてもらっているように

人によって身体の弱り方は違います。

それを見極めることが整体師の役割なのかなと思っております。

困ったことや聞きたいことがあればいつでもお問い合わせください。

相談料などもとっておりませんのでご安心ください。