蒸しタオルを上手く活用し、セルフケアをしましょう

整体では、体を温めることが自然治癒力が上がるとされています。
血管が拡張することで血流も良くなることも多いに関係があります。

当院では、蒸しタオル療法を行っていますが、是非ご自宅でもして頂けたらなとおもいます。

温かければいいだろうと、カイロを使うのはナンセンスです。
カイロは、長時間熱いままなので、血管や筋肉などの皮下組織が緊張した状態が続いてしまいかえってコリがでる場合もあります。

蒸しタオルは、最初は温かいのですが徐々に冷めていくのがいいのです。
その理由は、熱いときの緊張、冷めていくときの弛緩という血管、筋肉などの皮下組織を交互に刺激させるのが蒸しタオルの長所なのです。

気になる患部に4〜5分を3〜5回程度して頂くと効果が出ると思います。

低体温症の人の場合効果は高いでしょう。

蒸しタオルで改善される症状としては、頭痛、腰痛、肩こり、眼精疲労、不眠症、便秘などなどあります。

少し、手間はかかりますが健康のためにと思ってやってもらいたいとおもいます。

汗を余りかけない人には、足湯もお勧めします。

なにか気になる、聞きたい事があれば、問い合わせにメールをください。