出生前検査推計2万件

こういったデータでている
胎児の染色体疾患の有無を調べる羊水検査、母体血清マーカー検査が出生前診断として実施されていますが、こちらをデータとして調査している国立成育医療研究センターが出した調査結果によれば、08年までは実数として数え、09年以降は推計値として算出した結果、羊水検査が2013年で約2万600件(そのうち600件が13年で増えた)
母体血清マーカー検査が約2万6,400件。
羊水検査において、12年~13年にかけて600件増えたそうだが、13年の出生人口は約100万人。
100万人中0.06人となっている。
続きを読む